宝くじを買ってしまう心理


ギャンブルはしない人でも、

宝くじは買う人は多いのではないでしょうか。


1等が当たれば、億万長者\(^o^)/


私は、当たっても、ましては買ってもいないのに

「1億円、、、何に使おうかな?」と

妄想したりします(^^;

たま~~にです(笑)



しかし、しかし、、1等が当たる確率は

「10,000,000分の1」!らしいです( ゚Д゚)


こんなにも低い(ほぼ0%に近い)確率でも、

なぜ「買わなければ当たらない」と買い続けてしまうのか。


最近借りた行動経済学の本に、一見、この感情的に見える行動は、

「確率加重関数」という理論があてはまると載ってました( ..)φメモメモ


これは、「人は必ずしも確率を客観的にとらえることができない」というもの。


「確率が低いときには実際よりも高めに楽観的に」

「確率が中~高いときには実際よりも低めに悲観的に」

と主観的に加重を変えて見積もるという。


↓イラスト付きだとわかりやすいです(^^;

人間が唯一、見積もれるのは

「0%」と「100%」の事柄だけ。


その意味では確かに、

「宝くじは買わなければ100%当たらない」

しかし、それを当たる可能性に置き換えてしまうのは、

当選確率を楽観的に見積もる心理によるものだと。。。


ちなみに、西村ひろゆきさん(2チャンネルの創始者)の本に書いてあった言葉。


「税金は儲けた人に対する罰金。

宝くじはバカに対する罰金」(;´Д`)


1枚買って1億円当る確率は相当低く、

基本的には、宝くじを買い続ける人は、必ずお金が半分になっていくからだと。


た、たしかに(^^;


でも、宝くじの収益金によって、学校、道路や公園などが整備されたり、

様々な事業に役立っているようなので、はずれても「地域貢献したんだ」と考えれば、

悔しい気分はなくなるかも!?(^^;


それでは、みなさま、最高の1日をお過ごしください☆彡



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示